ピクシー・モップス

(Pixie Mops)

 

内なる強さで超越

【治癒特性】

自分の全責任で、自分の心を強くして自由に解放する

ためのエッセンス。他人に依存せず、頼りの他人から

裏切られても、反発しないようにするために。それによ

り、日々の生活で自分のことと同じように、他人が必要

とすることを良く理解できるようになる。他人に対して正

しいことをしているという気持ち(芯の強さ)と、他人は

返しとして、自分と同じようなことはしないかも知れない

という気づきがもたらされるので、自分が恨みを抱いて

いる人物と同じような性格にならずに済む。

 

 

【陽安定キーワード】

 

思慮深い、思いやり


【問題点キーワード】

 

恨み、反動的、傷つき、冷淡

 

【魂のヒーリング】

自分に対して当然支払われる物は何であろうかと、自

分のことばかりに焦点を合わせていると、いつの間に

か罠に引っかかって、内なる自己が弱められてしまう。

自己憐憫はポジティブではない。やがて、他人のネガ

ティブな特性のみに注目するようになるかも知れない。

そうすると、物の見方一般が歪むだけでなく、マインド

がそのネガティブな形そっくりに型どられ始め、自分が

ピントを合わせているネガティブな特性を、自分の中に

吸収してしまい、自分も同じようにネガティブになってし

まう。マインドを、そのような事柄から超越させることは、

決して拒絶しようとしているのでもなければ、無視して

るのでもなく、スピリチャルな自己、つまり愛ある気づ

の観点から人生を歩もうと、意識的に努力しているこ

の現れである。この内なる強さを持つと、我々は思い

りや理解されることを必要としている他人に対して、

んで奉仕することが出来るようになるのである。

永遠に続く喜びの波

私の中の太洋から

やって来る

外に向って広がり

再び立ち上がる

深く穏やかに

 

【メンタル/エモーショナルな症状への使用例】

内服用法

◆他人から辱められたり不公平に取り扱われたりして、感受性の強い人が非情に変わり、依存と恨みのサイクルを交互に繰り返している場合に。

◆自分に思いやりのない人物、自分を傷つけた人物、自分は正にその嫌な人物のようになりつつあると感じている人に。

◆頼りにしていた人との関係が悪化した後、他人に対する感受性や思いやりを失ってしまう人に。

内服液の作り方・飲み方



Copyright (c) 2006-20011  LivingFlowerEssenceAcademy of Australia and Japan office, All Right Reserved.
Website by FlowerRemedy.com