ハイブリッド・ピンク・フェアリー・オーキッド

(Hybrid Pink Fairy Orchid)

 

内なる本質の輝き

【治癒特性】

自己を知り、自分の内なる本質は高潔であると気づ

いて、自己裁定に悪影響を与えるかも知れないよう

な環境や、どのような状況の中でも、内なる平安を

維持することの出来る強さをもつためのエッセンス。

このエッセンスは、悪い物を除去するフィルターとし

て働き、内なる自己を強くするので、他人から誉め

られたり非難されたりしても、感情が上下に浮き沈

するようなことがなくなる。肉体的に過敏な人に対

しては、内面の中心から知足の感情が生まれてくる

ので、敏感さが原因の重圧が取り去られるようにな

る。

 

【陽安定キーワード】

 

芯の強さ、識別、弾力的、安定


【問題点キーワード】

 

過敏、悪影響、反動的、感情的

【魂のヒーリング】

過敏であるということと、感動ある人生を送るというこ

との間には、二つを区別する細くて繊細な境界線が

ある。前者は、自分の内から湧き出てくる、進路を正

しく取るための、強い導きにハンドル操作を任せない

ことの帰結である。もし、感受性という言葉が、己が

誰であるかを知らないで、どんなに強い感情に対し

ても同調するということを意味していると考えるなら

ば、我々は道を踏み誤る。セルフが自身の中核から

発現してくるとき、我々は、自分の周りの全ての生命

体、他人や他人の感情や要求に対して敏感となるが、

賢い応対手段を選ぶことが出来るようになるのである。

周りすべては渦巻く生命

一千もの顔また顔

いっぱいに伸びた手が招き寄せる

でも寡黙な中心は

穏やかなまま

深い愛で

 

【メンタル/エモーショナルな症状への使用例】

内服用法

◆人間関係が原因のストレスに。

◆他人の感情の起伏に追随したりしないで、自分の内なる平安を維持できたらいいのにナと願っている人に。怒りや恐れや欲求不満などの、感情がシーソーのように激しく上下するストレスが絶え間なく継続している場合に。

◆感受性が強すぎて、他人の言葉や行為に対して、度を失った反応を示しがちな人に。

◆月経前症候群や妊娠時の過敏症に。精神が落ち着いて、バラ色のような血色の良い輝きが現れてくる。

◆公衆の面前で喋るときや他人に自分の見解を示すときに、神経質になって上がってしまうのを克服したいと思っている人に。

◆初潮後月経が安定するまでの思春期や閉経となる更年期に起こりがちな、感情の浮き沈みに対して。マクロザミアと共に使用すること。

内服液の作り方・飲み方



Copyright (c) 2006-20011  LivingFlowerEssenceAcademy of Australia and Japan office, All Right Reserved.
Website by FlowerRemedy.com