西オーストラリア花物語 著者とのコラボ企画 Web限定コラム


西オーストラリア花物語著者 八木葉生と
フラワーエッセンス・スペシャリスト定政千恵とのコラボ企画。
Webでしか読めない、ワイルドフラワーエッセンスに纏わるストーリーをお届けします。



〜書籍:西オーストラリア花物語〜
著者のフラワーエッセンスによる癒しの体験をベースに、フラワーエッセンス セラピスト養成スクールなどの様子が、 物語を通して紹介されていきます。 フラワーエッセンスなど全く知らなかった青年が、 フラワーエッセンスを学んで行く姿を通して、 ステップ・バイ・ステップで、イメージと 理解が広がっていきます。 巻末に花のカラー写真と、簡単なキーワード解説付。こちらで、詳しくご覧頂けます。



WebColumn フラワーエッセンス フィールド 




I appreciate that I meet you. Flower Essence Field Forever.....

フラワーエッセンス web限定コラム ストーリー

Flower Essence Field #1

Flower Essence Field #2 

フラワーエッセンス コラム2ウ゛ァスデバー博士の花療法インタビュー後編

Flower Essence Field #3 coming soon

フラワーエッセンス コラム3カダンビ博士の花療法インタビュー前編

Flower Essence Field #4 coming soon

フラワーエッセンス コラム4カダンビ博士の花療法インタビュー後編


#1 ヴァスデバー博士の花療法インタビュー前編


花びらに手をかざすだけで悩みがすうーっと消える!?


フラワーエッセンス療法の世界的な第一人者と目されている、ヴァスデヴァ& カダンビ・バルナオ博士夫妻。

両博士は、有史以前から世界各地で自然発生的に始まった民間伝承療法であるところのフラワーエッセンス療法を、 現代医学のレベルに高めるため、科学的・哲学的・心理学的・人間学的などの広い視野から総合的に研究し、教鞭をとり、 数多くの優れたセラピストを育ててきた。

 バルナオ博士のフラワーエッセンス 動画

博士夫妻からの動画メッセージ



現在は、心の状態が肉体に与える影響を調べる検査装置を開発中である。 また、花を摘み取ることなく、生きたままの植物から花のエッセンスを抽出するという独自の手法を編み出して、治療効果の高いフラワーエッセンスの製造も行っている。



フラワーエッセンス ストックボトル

−以前は、シドニーの私立学校で校長先生をされていたとのことですが、 また、どうしてフラワーエッセンスを作り始めるようになったんですか?

バルナオ博士:
 もう今から25年以上も前の1977年のことですが、私はその当時、大きな悩みを抱えておりましてね。それが、どうにも解決できなくて、毎日毎日、とても憂鬱でした。ちょうどその頃、インド人のお坊さんと知り合いになりまして、「フラワーエッセンスをやってみたら?」と勧められていたのですが、実のところ、全く興味が湧きませんでした(笑)。もちろん、イギリスのバッチ博士のフラワーエッセンスのことは、とっくに知っていましたがね。

フラワーエッセンス・ストックボトル



で、そんなある日、シドニー郊外の森の中を、あてもなく歩き回っていたんです。重い悩みは片時も頭から離れません。と、ふと、道端のワイルドフラワーが目に留まったんです。インド人のお坊さんのことを思い出しました。で、ものは試しにと、花びらの上に手をかざして目を閉じて見ました。すると、どうしたことでしょう!? 消えたんですよ。悩みが。それも、すうーっと、きれいさっぱり。  



−すうーっとですか?

バルナオ博士:
 ええ、本当に、すうーっとです。

バルナオ博士: どんなに思い出そうとしても、思い出せないんです。あれだけ、夜もろくろく眠れないくらい悩んでいたのに‥‥ですよ。ところが、花びらにかざしていた手を引っ込めたら、また、じわじわじわっと、元の悩みが舞い戻ってくるじゃありませんか。  

フラワーエッセンス 創造的解決法のエッセンス



−それで、どうされたんですか?

バルナオ博士:
 すぐにまた、花びらの上に手をかざしました。そしたら、また、悩みがすうーっと消えてゆくんです。で、手を引っ込めると、じわじわじわっと戻ってくる‥‥


−出たり入ったりですか?


バルナオ博士: そうですね、その、出たり入ったりを何度か繰り返しているうちに、「何なんだ、これはいったい!?」という好奇心がムクムク涌いてきましてね、「よし、自分でフラワーエッセンスを作っちゃえ!」と、心に決めた途端に、それまでの悩みなんて、どこか彼方へ永遠に吹っ飛んじゃいました(笑)。



フラワーエッセンス セラピー 百会診断

−博士のフラワーエッセンスは、精神的な症状だけでなく、肉体的な症状にも効くのが、他社にない特徴だと思うのですが?

バルナオ博士: 適用方法によりますね。バッチ・フラワーエッセンスの最近の報告書を読みましたか? その中に、「通常、舌下に6滴垂らすところを、大さじ一杯分、しかも、それを一日に何回も頻繁に飲ませたところ、肉体的症状にも効果があった」と出てますよ。

百会診断でフラワーエッセンスによる癒しを体感



−え、そんなに大量に飲ませてもいいんですか? 酔っ払っちゃいませんか?  だって、フラワーエッセンスの保存剤はブランデーでしょう?

バルナオ博士: アルコールに弱い人は、内服液を作るときに、ブランデーの代わりに、酢かコーディアルで割るといいでしょう。コーディアルは甘いので、特に小さな子供には、その方が飲みやすいかもしれませんね。でも、色付のコーディアルはダメですよ。無色透明なものを使ってください。それに、コーディアルで割ると長持ちしませんから、2〜3週間以内には飲み切ってしまうように。    



−ということは、内服する量や頻度が決め手になるんですか?

バルナオ博士: ほらほら、そんなに結論を急がないで‥‥。人は皆、一人一人違っていますから、必ずしも、「あの人に効いた方法が、この人にも効く」というわけではありません。飽くまでも一般論ですが、精神的な問題に関しては、フラワーエッセンスはとても良く効きます。私のアカデミーの低学年の生徒でさえ、いとも簡単に50パーセントくらいの治療成功率を上げていますからね。

あなたにぴったりのエッセンスを調整


それに対して、心理療法は、長年の経験を積んだ精神科医でも、せいぜい20パーセントくらいの成功率だと言われていますから、50パーセントという数字がどんなにすごいか、お分かりでしょう?

−ちなみに、先生の成功率は、どのくらいなんですか?


バルナオ博士: まあ、80パーセントぐらいでしょうか‥‥。中には、決して心を開こうとしない頑なな患者もいますから、そういう患者を除けば、100パーセント近いですよ。

−それは、すごい!



プロジェクターでセラピー体験

バルナオ博士: ですけど、肉体的な問題となると、そうは簡単にはいきません。単にガバガバ量を飲ませれば良いというわけではありませんからね。

肉体的な問題に対しては、内服だけじゃなくて、肉体的に外用治療を行う必要もあります。ですから、私のアカデミーでは、西洋の心理学と、インドのヨガ科学と、中国の鍼灸経絡の知識を集大成して教えているんです。

肉体的な問題の背後にどんな意識があるかを正しく見極めて、その意識に対応するチャクラや経穴に、最適なフラワーエッセンスを垂らし、赤外線パルスのエッセンス・プロジェクタを当てることが、肉体的な問題を根治するための、最も重要なカギとなるんです。

文:八木葉生

フラワーエッセンス コラム2を読む続きは こちら


無料 フラワーエッセンス メールマガジン 登録 更新情報を自動でお届け。無料のメルマガにご登録頂けます。

▼豊かさと幸せを運ぶメールマガジン フラワーエッセンス・ジャーナル (不定期・テキスト形式)



フラワーレメディ 関連ページ

フラワーエッセンス セラピー ご自宅コース詳細フラワーエッセンス ショップで ストックボトルを観る

フラワーエッセンス セラピー ご自宅コース詳細フラワーエッセンス診断 花カードで選ぶ

フラワーエッセンス セラピー ご自宅コース詳細フラワーエッセンス セラピー ご自宅コース 診断+電話カウンセリング 詳細をみる

フラワーエッセンス セラピー サロンコース詳細フラワーエッセンス セラピー サロンコース 詳細をみる
フラワーエッセンス スクール 講座 セミナー詳細フラワーエッセンスアカデミー スクール 講座 詳細をみる

Page Top